Top


もやしについて、まさに豆知識というべきトリビア。
はい、こんばんは。
みんなのアイドル、もやしっ子です。

今夜はもやし炒めを食べました。
c0058102_23574079.jpg

ゴマ油、ニンニク、コチジャン、中華だし、オイスターソースで炒めてみました。
もやしって安くてシャキシャキしてて美味しいですよね。

ところでみなさん、もやしについてどれくらい知ってますか??
ごくありふれたもの過ぎて、特に調べてみようとか興味を持ったりしませんよね?
せっかく今日食べたのでちょっと調べてみました。そしたら意外と知らないことが沢山でした。

漢字で書くとどう書くか知ってます?

「萌やし」って書くんですって。

読んで字のごとく芽が伸びるものってこと。カイワレ大根でも大麦でもグリーンピースでも蕎麦でもアルファルファでも発芽した芽はもやしと呼ぶそうです。

スーパーでよく見る普通のもやしって何から出来ているか知ってます?
俺、大豆だと今まで思っていたのですが、違うんですね。
大豆から出来ているのは「大豆もやし」。頭が付いているヤツで、韓国料理のナムルに使われるのがこれ。

普段見るもやしには実は2種類あるそうです。

一つは「緑豆もやし」。
軸が太くて水分が多く、甘味があり、しゃっきりしたみずみずしさが特徴。

そしてもう一つが「ブラックマッペもやし」。
緑豆もやしよりも細く、食べた時にもやし独特の青臭さが少ない。
ちなみにブラックマッペとはタイ産の黒豆。

そして驚くべきことに、関東・関西で好まれているもやしは違うとのこと。
関東では緑豆、関西ではブラックマッペが好まれているそう。
確かに高知にいたときに実家で食べたもやしはこっちのよりも若干細かったような・・・


そして特記すべきはその栄養素。
種子が持つ栄養素に加え、成長過程にも他の栄養素を合成していくので栄養豊富。
もやしの成分は殆どが水だが、ビタミンC、カリウム、食物繊維、アスパラギン酸が豊富に含まれており、低カロリーだけど優秀な野菜。

最近、無農薬野菜・有機栽培の野菜なんかがもてはやされていますが、もやしも無農薬。だって水だけで栽培されていますから。

ってことでみなさんもやしを食べましょう。

ちなみに一番好きな食し方は焼肉のときに鉄板で焼いてタレをつけて食べるの。
おいすぅいよねー


ついでに小さなトリビア。
ひ弱で痩せている人、そしてさらに色白であったりしたら「もやしっ子」って言いますよね。
それの反対の意味として使われる「ワンパク」。

漢字で書くと腕白。腕が白いと書いて腕白。
確かに白人なんかは逞しい腕をしているけど、普通逞しいといえば小麦色ですよね。
この腕白、実は当て字だそうです。「わやく」というのが本来使われていたもの。わやくとは、聞き訳がないとかいたずらをするとかの意味。これが江戸時代に腕白という字が当てられ現在にいたるんです。
[PR]
by jargoneer | 2005-11-01 01:11 |
<< 今日は根菜DAYでした。 Happy Halloween!! >>


なんでもないことから稀に真面目なことまで
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
お気に入り
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧