Top


カテゴリ:食( 67 )

バナナアレルギーなのか?
こんばんは、胃が痛いjargoneerです。

今日は雨。夜出かけることもないし、早い時間からおなかがすいたのでパスタを作った。
Pfifferlingってキノコが半額セールになっていたので、キノコとベーコンのクリームパスタじゃ。
c0058102_2555873.jpg

レストランにて食べた、シュニッツェルにかかっていたクリームソースは美味しかったから買ってみたんだけど、旬じゃないからかあまり美味しくなく残念。実は数日前に購入したんだけど、500gも入っているため、ようやく今日食べきった。今日はキノコを少なめにして。

パスタも少なめで作ったので、少しもの足りずバナナを食べる。
赤ん坊の頃大好きで、一生分を食べたためかずっと嫌いだったバナナ。昨年くらいに食わず嫌いはいかんねってことで食べると美味しいと判明。

ただ、たびたびバナナを食べた直後に胃がキリキリ痛くなることが。
今日もどうも胃がキリキリし始めたので、ググってみるとバナナアレルギーってのがあるらしい。その症状は胃の痛み、吐き気。
胃に優しくて、病気したときに食べる食品の代表格みたいに思っていたから、まさかバナナが胃痛を引き起こすとは思っても見なかった。

幼かったから覚えていないだけで、嫌いになったのにはこういった理由があったのかもな・・・
[PR]
by jargoneer | 2010-07-23 03:01 |

長野で蕎麦を食べてきた。
こんばんは、ドライブしてきたjargoneerです。

会社のScirocco 1.4L TSIが借りられたので、長野まで蕎麦を食べに行ってきた。
ちなみにSciroccoってこんな車。
c0058102_2071310.jpg

2ドアの4シーターでトランクの開口部が狭いため、マルチパーパスには使えない。
ドアが大きいから、駐車場で乗り降りするとき気を使うし。
c0058102_202598.jpg

まぁでもエンジンは十分にトルクもあるし、サクサク走る。

国道257号線で北上し、設楽にて県道10号線を経由し、根羽村のネバーランド手前で国道153号線に合流。のどかでドライブに最適なルートだった。

9時半に出発し、蕎麦屋到着は11時半。2時間のドライブ。
阿智村にある、そば処おにひら。
c0058102_2053270.jpg

丁度お昼時だったので、20組待ちの行列。
45分ほど待ってようやく座敷に通される。
注文したのはざる蕎麦大に海老てんぷら盛り合わせ。
c0058102_2041578.jpg

c0058102_2042867.jpg

蕎麦の美味しさを説明できるほどの舌は持ち合わせていないが、そばつゆは鰹だしが効いていて非常に美味しかった。てんぷらの海老も大ぶりのものが2尾もあって大満足。

帰りは国道151号線を利用して帰宅。
ドライブに丁度いい距離。天気に恵まれたし。
[PR]
by jargoneer | 2010-04-25 19:25 |

刺激が強すぎた
こんばんは、暖かくなり活動的になっているjargoneerです。

今日もMTBで山登ってきた。といっても標高250mの舗装道路。20分程度で登れるのだが、ここへ行くまで1時間程度かかるので、トータルではいい運動。てか凄く暖かかったから、Tシャツで行ったよ。

今週末も飲んで食べてしちゃったよ。
ワインはRobert Mondavi Woodbridgeのカベルネ。安くて美味しいワインなんだけど、コストダウンのためか、ボトルの色が透明になっていた。ワインの色が退色しちゃうかも。ま、安ければいいんですけど。
c0058102_17462583.jpg

前回のエントリーにて出てきたニンニクを用いて、テリヤキチキンを作った。
付け合せはインゲンのソテー。インゲンは一度茹でるべきだったか。色が鮮やかでないねぇ。
c0058102_17465742.jpg

ニンニクは房が大きかったし、安かったから沢山入れちゃったのだが、ちょいと多かったようで胃が痛し。今夜は中華粥にしよう。
先週食べたポークソテーとズッキーニのほうが美味しかったなぁ。
c0058102_17473167.jpg

[PR]
by jargoneer | 2010-04-11 17:42 |

金曜の夜 / ピザ / 赤ワイン
こんにちは、生活が軽くパターン化したjargoneerです。

先週に続いて安いワインを飲んでみた。
先週の2倍の金額だけど、それでも1000円以下のワイン。
c0058102_16201547.jpg

California, ModestoのCANYON ROAD Cabernet Sauvignon

うーん、味としては悪くないんだけど、少し薄い感じ。
おかげですいすい飲めちゃうけど。

ワインと一緒にピザも先週と同じもの。
パン屋さんのピザで、卵とトマトのピザ。1/6サイズくらいにカットしたのが売られているんだけど、十分な大きさだし、ボリュームもあるんで1カットで十分。
[PR]
by jargoneer | 2010-03-28 16:31 |

よく切れる。
こんばんは、部屋干ししてもすぐ乾くのに驚きのjargoneerです。


先日包丁を新調しました。
既に2丁あるのだが、いずれも3000円程度のもの。大学生の頃から使っていた穴あき包丁に、見た目重視で1年ほど前に購入したドイツのステンレス包丁。
穴あきのほうは、グリップの形状が合っていないのか、刃の部分に重心があるからなのか、使いづらかった。そこでグリップ形状が人間工学に基づいていそうで、さらには重心がグリップのほうにあるドイツ製のものを購入したのだ。これ、切れないし、刃こぼれがひどい。そんなに硬いものを切った記憶はないのだが、刃がギザギザと刃こぼれしている。長ネギは切ってもつながったままだし、鶏肉は切っているというより、潰し切る感じ。500円程度の簡易シャープナーで騙し騙し使っていたのだが、最近ストレスを感じるようになったので、包丁の新調に踏み切ったのだ。

とりあえず、軽くググッてみると、一般的に、ステンレスの包丁は錆びにくいが、鋼製のものに切れ味は劣るといったようなことが書かれていた。切れ味に不満を感じ新しいものを探しているのだから、切れ味の勝る鋼製にしちゃおうじゃないのって検索。

そしたら奥が深すぎた。
青紙・青紙スーパー・白紙・ニッケル鋼・モリブデン鋼・スウェーデン鋼・安来鋼・SK5などなど。包丁に使われている金属にここまでヴァリエーションがあるとは…
鋼とはすなわち鉄とカーボン、タングステンやニッケルといったその他元素の合金であり、これらの配合によりその鋼の特性も大きく変わってくるそうだ。たとえばタングステンやクロムは、耐磨耗性及び硬度を高め、包丁の鋭い切れ味の要。しかし、これらが極端に多くても、刃こぼれを起こしてしまい、実用性は低くなる。そこで、ニッケルのような元素を加え粘りを出すらしい。そうして、包丁といった用途に適した素材を求めて生み出されたのが、上に出てきた鋼。もちろん耐摩耗性が高く、粘りがあり、硬度の高いものが理想的ではあるが、レアメタルを使うとおのずとその価格も高くなる。

切れ味を追求しても、料理人ではないので、切るものもたかが知れているので仕方がない。てか、理想的な素材を使ったものが良いが、予算の問題もあるので、妥協だ。正直理論的に硬度が高いといっても、一定以上の硬度があれば素人にはわからないであろうし。しかも鋼は錆びやすい。食後の食器洗いが億劫で、ためちゃうことが多い俺にとっては、錆びるのは煩わしい。

そこで目を付けたのが、割込みなる鋼とステンレスのハイブリッド包丁。これは素材自体が混ぜ物なのではなく、鋼をステンレスに挟んだもので、すなわち鋼は刃先のみ表面に出ている。これならば表面積が少ない分錆びづらい。この路線が理想的ではないかと調べるも、どれが良いのか分からない。青紙スーパーなる素材が、切れ味が良いとのことなので、コレに絞ってみる。しかし、今度は予算内で手に入る包丁の形に気に入ったものがない。ごく一般的な包丁は三徳包丁や文化包丁と呼ばれるもので、頭に思い浮かぶあの形。しかし、”Mr. 形から入る男”は牛刀という刃が若干長く、スリムなものが欲しい。せっかく良いものを買うのだから、気に入ったものが欲しい。

なかなかコレというものが見つからない。そこで一度素材選びに戻り考え直すことに。すると昨今のステンレスは鋼並みの切れ味を持っているというではないか。そのうえ錆びに強いとは理想的。これまた配合や鋼材メーカーにより、何種類もある。”V金10”というオリンピック開催時のスポーツ新聞の見出しのような名前の素材が良さそうなので、コレに的を絞る。楽天でワード検索し、理想的なお値段、そして理想的な形状のものを見つけた。本来なら手にとって選びたいのだが、気に入ったので、ポチッとお買い上げ。

これだけ書いておいてなんだが、素材よりも砥ぎが重要だそうだ。そりゃ、最高級の素材でも鋼材の板そのままでは切れないのと同じように、刃先の形状次第ってこと。それに硬度や粘りといった実用面での性能がついてこれるかってことか。砥石も購入して自分で砥いで見ようと思う。
c0058102_21124115.jpg

なんか、見た感じ凄く切れそう。いかにも職人が気合いいれて鍛錬したような仕上がり。
さて、肝心の切れ味だが、すばらしい。今まで切れなかった分、目から鱗の切れ味である。
早速豚汁を作って切れ味を試したのだが、ニンジンもゴボウもスパスパ切れる。ニンジンを切ったときの感触は、今までの包丁でナスを切るような感覚。ゴボウはカブくらいで、長ネギにいたっては豆腐くらい。食材切りながら思わず笑っちゃうほどである。危ない人に認定されてしまう。

案の定、サトイモの皮を剥いていたら指を切ってしまった。スパッと切れたおかげで傷はすぐに治ったが。力加減に慣れるまではまだ時間がかかりそうだ。
[PR]
by jargoneer | 2008-11-15 21:20 |

モンドセレクション受賞ビールと大仏ワイン。
こんばんは、土曜日はサイクリングデーのjargoneerです。

最近週末の過ごし方が定例化してきております。
金曜の夜はCabernet Sauvignonを飲んで土曜日は昼頃からサイクリングというのが最近のマイブーム。

今週はポークステーキ。
肉厚の肩ロースに塩コショウを振って、お酒と水を適度に加えて焦げすぎを防ぐ。
いい感じに火が通ったら、肉を取り出しみじん切りにしたニンニクとバターと水でソースを作る。付け合せにはレタスとトマトのサラダと、出来合いのマカロニサラダ、そしてSourdough(酸味のあるバゲットね)で立派な食事。Cabernetにはフランスの800円程度のを。

ワインはあまりおいしくはなかったが、お肉はGoodだった。
ニンニクは半生程度しか火を通していないので、香りが凄く立って、次の日休みでよかったと実感するのである。先週は霜降りのサーロインを殆どレアで食べたのだが、豚もまた牛に負けず劣らず美味しいのね。

美味しいもの食べて酔っ払って、映画を見た。先日”Rain man”のDVDが安く売っていたので購入していたのだ。久しぶりに見たんだが、いい映画だ。

飲んだ次の朝は、大抵喉が渇いて目が覚める。
今朝も9時頃、喉から渇水警報が出たので起き出して給水し、ついでに洗濯機を稼動させる。
洗濯が完了するまでの1時間弱、再びまどろみの時間。これが気持ちよい。
今朝は全く暑くなくいつまでも寝ていたいくらいであったが、洗濯物を干さねば。
ゆっくりコーヒーを飲みながらいつものどおりの食パンとヨーグルトの朝食を済ませ、部屋の掃除をする。今はラグを敷いていないので掃き掃除だけですむのは楽だ。掃除機を出す手間もないしコードと甲高い吸引音にイライラすることも無い。箒で掃いたらクイックルワイパー(総称)で仕上げて完了。

おなかの脂肪が気になるお年頃なのでVAAMのゼリー飲料を摂取したらサイクリング。
体脂肪燃やしてやろうじゃないの!

今日は海方面ではなく、東に向かうことにした。信号が少なく走りやすい直線道路があるのだ。しかもその方向には動物園&植物園&遊園地&公園っていう欲張りな施設があるのだ。30分もかからずにそこに到着したのだが、まぁ動物園だった。一人で見に行くのは寂しいので来た道を引き返す。往路が向かい風だった分帰りはスムース。1時間も走っていないので、駅前の方まで行ってみる。市役所の隣に公園があることが判明したので行ってみたが、あまり大きな公園ではなかった。

2時間走ったから帰宅しシャワーを浴びる。
普段はエアコンが必要なのだが、今日は涼しい風が吹き込んできており、自然の風に心和む。

夕涼みがてらビール飲みたかったが我慢。というか買い置きが無かったのでコーラ飲んでしまった。またチャラである。まぁ、今日消費した脂肪分どうこうよりも大事なのは運動することであり、基礎代謝を上げることだ。

えらそうなこと言っているけど、家にビールがあったら間違いなく飲んでいただろうな。
そう、先日友人Bが茨城から遊びに来たんです。
用事を済ませてから来たので、到着したのは11時前。ワインを手土産にもってきてもらったのでつまみとビールでも買っていこうとスーパーに寄る。
そしたら見慣れないビールを発見。
c0058102_22563713.jpg

ジャケット買いでTry!
埼玉にあるCOEDObreweryってところが作っているらしい。
今回飲んだのは伽羅と瑠璃っての。伽羅のほうが香りと味共に強く好みであった。なんとここのビール、この2つのほかに後3つの計5種類展開しているそうなのだが、そのすべてが2007年のモンドセレクションで受賞したそうだ。しかも最高金賞が2つも! 

ビールのあとは牛久ワイン。
国産のワインはたぶん初めて。Cabernetにしては若く軽い感じであったが飲みやすい。スパイシーではないのでどんな食事にでも合うだろう。久しぶりに夜遅くまで飲んだ。途中までBは眠そうだったのに、3時を過ぎた頃から元気になる。対称的に眠くなる俺。久しぶりに話せたし、美味しいお酒飲めたし、楽しい夜だった。同期が飲めないので、誰かとお酒を飲む機会が少なくなっていたので新鮮。
[PR]
by jargoneer | 2007-09-01 23:10 |

何が足りないんだい?
こんばんは、胃の調子があまり良くないjargoneerです。

この週末もカレーを作りました。
今回はココナッツミルクを使ったタイカレー。
具にはチキンとタマネギとナスとしし唐。先日購入したスパイスミックスのマドラスブレンドを使用。スパイス自体の色は黄土色のような感じで、カレーって雰囲気がプンプン。まぁ、カレーなんで当たり前なんですが。

レシピを検索すればよかったが、適当に作ってみる。ココナッツミルクを入れた後あまり煮込んじゃいけない感じがしたんで、具材とスパイスミックスを炒める。十分に火が通ったところでココナッツミルクを投入し、スパイスで味の調整。

前回のトマトベースの時もそうだったが、味に深みが全く無い。ココナッツミルクがさっぱりしている分、特に旨み深みの気配が微塵もないのだ。スパイスを足すも、辛いココナッツミルクのような感じで、あまり美味しいものではない。

とりあえず完成したのがこんなの。
c0058102_2254717.jpg

見た目はタイカレーっぽいが、なんか違うもの。さっぱりしすぎ。
何が足りないのだろう? 野菜の旨み? 何かフルーツ?

ま、スパイスの香りも良く、ココナッツミルクの甘みもあるので、タイカレーらしさはあるし、さっぱりしているので食べやすいのかもしれない。でも、もうちょっと旨みがあれば美味しさは倍増するはず。

塩が足りなかったのかな?
チャツネっていう果物や野菜のペーストを入れると良かったのかな?

誰か美味しくなる秘訣をご存知でしたらアドバイスください。
[PR]
by jargoneer | 2007-07-30 22:22 |

肉は焼き過ぎないように。
こんばんは、夜になると食欲が凄いjargoneerです。

最近の週末の楽しみはワインと食事。
今週の金曜日は同期と食事に行く約束はしなかったので、自炊することに。
ステーキを食べたいと数日前から思っていたので、実行に移す。

近所のスーパーに買い物に行くも、手ごろなステーキ肉が見当たらない。やけに大きく薄っぺらく、お値段も高い。そこではワインだけ買って近くのジャスコ系スーパーへ。しかしこちらはもっと酷い。オーストラリア産のサシが全く入っていない肉しかなったので、速攻で出る。もう一軒、少し離れた場所にちょいと高級スーパーがあるんで、車でGo。

輸入食品やオーガニックフードが多い店で、肉の質も素晴らしい。素敵なサシの入ったロースがあったのでお買い上げ。100g1000円近い高級食材に多少びびったが、外食するより断然安いし、外で生ビール飲めば1杯500円はするし、考えてみると高くは無い。

ポテトサラダとクリームチーズの入ったバゲットを買って、急いで帰宅。
ニンニクをスライスし、お肉に香りを移している間、ワインを開けて、サラダを作って準備万端。

フランス産の塩と挽きたてのブラックペッパーをまぶしてフライパンにON!

焼ける音、美しい。
漂う香り、香ばしい。

残念なことに少し火を入れすぎてしまった。東京では電気調理器を使っていたので、火力が弱かったが今はガス。パワーあるなぁ。ワインやらバターを用意している間にウェルダンになっちゃったよ… ソースは後で作るべきだった。

ま、出来上がったので早速いただく。
想像通り旨い。脂身も臭くなく、しつこくない甘さ。レアで食べたらもっとおいしかつただろうなと、ちょいと後悔。
今回食べた牛さんにはトレイサビリティナンバーが付いていた。昨今、食品の安全性について叫ばれて久しいが、あまり気にしたことは無かった。でも最近の中国食材の酷さには驚き、出来るだけ国産を選択している。トレイサビリティナンバーもあるってことは知っていたけど、実際にチェックしたこと無かったので、調べてみた。

北海道生まれのこの辺育ちだったようだ。乳用種と肉専用種の交雑種で与えられていた飼料についての記載もある。
生産履歴証明書
安全だっていうのはわかったけど、毎回逐一調べるわけでもないしなぁ。陳列棚に生産者の顔写真なんか貼るだけでも十分な感じ。

ワインを美味しく飲んでいたら、同期から電話。
22時前にようやく仕事が終わったらしい。俺はいつもどおり18:15に退社したので4時間近くも余計に働いているのだ。凄いなぁ。大変な部署だなぁ。

ちょっと愚痴聞いてよってことだったので、来てもらった。
そんなに愚痴ってはいなかったが、ストレス発散気分転換になったらしい。良かった良かった。

ワインの酔いもあって1時過ぎに就寝。
のんびり寝ようと思っていたのに、朝の7時過ぎに電話が鳴るではないか!
どんな緊急事態だと思ったら、大学の後輩Rであった。
どうやら、バイクで日本縦断の最中らしく、近くに来ているのでお昼でもどうかとの電話だった。予定無かったし、久しぶりだったし、快諾しまた寝る。11時頃、近くに着いたと連絡があり、最寄の駅を待ち合わせ場所にして迎えにいく。

面白いほど日に焼けてはいたが、それ以外は変わっていない。まぁ、半年位だからね。最後に会ってから。お昼は名物を食べさせてあげようとお気に入りのうなぎ屋へ。しかし、丑の日の準備のためかうなぎは焼いているのにお店は閉まっている。他に自身を持って連れて行けるお店が無かったので、名物でもなんでもないインドカレー屋に。だが、恐ろしく込んでいたので、通り過ぎその近くのアジアレストランに入ろうと思ったところ、そのまた隣に和食屋があるではないか。ひつまぶしの文字があったのでそこに決定。

たれを掛け過ぎで、たれの味しかしなかったのは残念だった。そして出汁の味も好みではなかった。でも、うなぎは美味しかったので良しとしよう。男らしくおごってあげたかったが、何分1年目なもんで、切りのいい額だけ貰って精算。

同じく自動車業界に内定したらしく、同業他社ですよ。
まぁ、扱っている商品が結構違うので、ライバル関係ではないけどね。

無事東京にたどり着いたのであろうか?
[PR]
by jargoneer | 2007-07-28 22:58 |

たくさん持っているとプロになった気分がする。
こんばんは、土日の時の流れに疑問を感じているjargoneerです。

学生の頃よく耳にしていた言葉。
「社会人になると週末のありがたさがどれだけのものか」
うん、わかるわかる。確かにそうだわ。土日が無かったら仕事の効率も半減するに違いない。って大した仕事をしていない俺が語ってみる。

しっかし、土日は早いね。平日の時の流れの1.2倍は間違いなく出ているね。
いつの間にやら日曜の夜になっているし… ま、時間を有効に使えていないのが問題なんだろうが、そこには触れないでおこう。

最近、金曜日か土曜日の夜はワインを飲むのがマイブーム。
1000円程度の飲めるワインを探し当てるのが面白い。安いワインでも結構個性とかあるんだなって実感。Cabernet Sauvignon単一の赤ワインでもかなり違う。同じ品種の葡萄でも、産地やら樽やら熟成方法で味が変わるのは当然だけど、安いものではその差はあまり無いものだと思っていたので意外であった。この週末に飲んだチリのFOUR RIVERってのが美味しかったのでメモ書き。

土曜日は雨の中、スパイスを求めてお買い物に出かける。
なぜスパイスかといいますと、カレーが食べたかったから。それも辛いオリエンタルな感じのが。Green Deliっていう輸入食材屋さんで、ブレンドスパイスを売っていると聞きつけ、行ってみると4種類ほどあった。カシミールって名前のとマドラスってのを購入。その後業務用食材屋さんに更なるスパイスを求め大航海宜しく大雨の中ひた進む。

c0058102_21474840.jpg


コリアンダー、ターメリック、クミン、カイエンペッパーをGet!
ブラックペッパーは貰い物だが家にあったので一緒に激写!

スパイスにこだわるんだから、もっと本場らしくしようとナンを作ることに。っていっても作り方がわからない。Googleさんで調べてみたら、作り方はいろいろ。強力粉のみだったり、薄力粉も混ぜてだったり、一方でドライイーストと言えば他はベイキングパウダーだと言う。卵を入れたり入れなかったり、砂糖を入れたりそうでなかったり。要は作り方はそれぞれなのよってことなんでしょう。

業務用食材屋さんにアターっていうナン用の小麦粉があったので買ってみた。これはWhole Wheatの小麦粉らしい。スパイス同様GABANのだったので信じてみた。

もも肉1枚とホールトマト缶とししとうとビールを購入して帰宅。
早速料理だぜ!
まずはナンだ。アターのパックに作り方が書いてあったのでそれを信じる。水と卵とバターと塩とドライイーストを混ぜて放置。
次はカレー。もも肉を適当な大きさに切って、スパイスをまぶして炒める。いい香りにノックダウンしそうになりつつも、一つつまみ食いしてから皿にあけておく。そのままニンニクと生姜を加えてたまねぎのみじん切りを炒める。ある程度茶色くなったので、もも肉を戻してホールトマトを加え、水を少量とローリエを加え煮る。スパイスミックスをベースにして色々加えて様子を見ることに。だがどうも味が決まらない。コクが感じられなかったのでバターを加え、更にコンソメも少しだけ入れてみる。コリアンダーやらクミンやら適当に加えても味がフラフラするんでスパイスミックスに今回は託すことに。いい感じにインドカレーっぽくなってきたんで、仕上げにヘタと種を取ったしし唐を加えてFinish。

1時間近く放置していたナンも良い感じに発酵している。空気を抜いてからTear Drop型に成型してやろうと手に取ったらネバネバして形を整えるどころではない。仕方なく不細工な形のままフライパンに落とす。両面を焼いたのだがナンとは似ても似つかないものが完成。ちょっとつまんでみると甘くないホットケーキのようだ。

まぁいいだろう。

肝心のカレーは驚くほど美味しかった。ナンもナンとは違うものになったが、まぁ美味しくいただけた。せっかく写真撮ったのに、空腹のあまりピンボケしたものしかなく、Upいたしませんが、スパイスの赤とトマトの赤としし唐の緑が綺麗なカレーとなりました。今夜はご飯と共に頂いたのだが、いい感じでした。

今度はココナッツミルクでタイカレーに挑戦だ。


そう、カレーを山盛りに食べたんで、今日の夕方からサイクリングに出かけたんです。ちょっとでも脂肪を減らそうと。サイクルコンピュータなるものを付けてまして、時速やら走行距離がわかるんです。一度これが壊れたんで、純粋な総走行距離ではないんですが、もうすぐ4000kmの大台に乗るか乗らないかの3989kmだったので、気分上場で出かけたんですよ。

かなり距離はあるし、16時前に出発している時点で無理なのはわかっているけど、目指すは海。厳密に言えば海のある方向。目的地が海のほうがなんかやる気が出る感じしたんで。

3990kmを超えていい感じに進み、もう少し先の市まで行って折り返そうかなぁなんて考えていた矢先、後ろのタイヤが突然腑抜けに。そう、パンクしてしまったのです。

マジですか!?

パンクを直そうにも、ポンプどころか修理キットすら持っていない。行きに通った感じでは自転車屋も無かったし、第一持ち合わせが無い。ちょいとサイクリングって気分だったので、小銭と鍵だけで出てきたのだ。携帯も持っていないから助けも呼べない。ま、メーターをみたところ8km程度だったので歩いて帰ることに。MTBを押しながらトボトボ歩く。皮肉にもサイクルメータが時速をリアルタイムで実況してくる。6km/hで歩き家を目指す。結構暑かったので汗だくになったが、なんか新鮮。配属されてから、歩く機会といえば、駐車場から部署、部署から食堂とスーパーの店内だけだったので、やけに新鮮で苦に感じることなく歩けた。

1時間強歩いてようやく家の近所に。
その頃には太ももが結構痛かった。家にたどり着いて即効シャワーを浴びて小休止。
カレーをもりもり食べちゃって、せっかく消費した体重を加算することになっちゃいましたが、心地よい運動が出来たので良しとしよう。

そろそろMTBのタイヤを交換してあげよう。
もう4年目になるからタイヤも朽ちてきてるし磨り減ってるしな。
[PR]
by jargoneer | 2007-07-22 22:34 |

桃の糖度は何%?
c0058102_21392439.jpg


こんばんは、食後のデザートを頂いたjargoneerです。

ご覧のように桃を食べました。
というのも、昨夜2ちゃんねるを見てたんです。っていっても実況とか萌え~って感じのは見ない。生活全般と未来技術が面白く、自動車やグルメってジャンルもたまに見る。まぁ、そんなことはどうでもいいんです。「最近買った良かったもの」ってのを見ていたら、桃がおいしいって書き込みが多数。それを読んで以来、桃のことを考えるあまり夜も眠れぬ(嘘)状態でした。会社帰りに絶対買ってやろうと思いスーパーに寄ってみると美味しそうなの発見。¥198とお安いのに大きめ。早速大事にかごに入れてお買い上げ。

今日の夕飯は昨日の残りの麻婆丼。生姜とニンニクを大量に入れたから非常に美味。卵スープと共に食す。

ひと段落して先ほど桃をCut! 
久しぶりに桃を食べるので、どのように切るのかわからなかった。これ洗うんだっけ? なんか小さな産毛が皮をむくときに混入するから洗ったほうがいいのかな? 若しくは水っぽくならないようにそのままがいいのかな? 

悩んだ末にそのままで。
アボカドのようにCutしてクルッと回して種から果実をはずし、ウサギさんリンゴのような形(櫛型?)に切ったら皮をつるっと剥く。

ほんのりピンクが綺麗な桃にドキドキ。
食べてみると「あまーい!」
シロップ漬けかい? って思うほど甘い。糖度ってどれほどなんだろうな。俺の中では20度はあげたいけれどもそこまでは無いだろう。先ほどGoogleさんで調べてみたところ、桃の糖度はかねがね13から15度が甘いものらしい。これ結構凄いよなぁ。100gの桃だとすると13~15gの砂糖だもんなぁ。そら甘いわ。

一昨日はパイナップルを食べたんで、今度は何にしようか。
[PR]
by jargoneer | 2007-07-19 21:37 |


なんでもないことから稀に真面目なことまで
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
お気に入り
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧