Top


カテゴリ:出張( 16 )

Door to doorで20時間。
こんばんは、ドイツ人の名前が覚えられないjargoneerです。

今日所属する部署のメンバーを紹介してもらいました。日本のオフィスと違って1~4人に一つの個室があり、それぞれのメンバーを紹介してもらったのですが、みんな名前が聞き慣れないものばかりで全然記憶にございません。何度かあったことある人以外で記憶に残ったのは一人だけ。というか彼のおかげでそれ以降は記憶にない。彼の名前はBakker。バッカーさん。刹那しかいらないですね、覚えるまでに。

さてさて、今回の赴任はいつもの出張と違って幾分我侭も効いたので、セントレア発ではなく、成田発にしてもらったのです。
第一の目的はアメリカ時代の友人に会うため。もう一つの目的はエアバスの最新機に乗るため。

”どうせすぐに帰ってくるやん”って言葉を、”大変だろうけど頑張ってね”って感じに脳内変換しながら、メキシコ料理とともに素敵な友人とお食事をして、成田から出国です。普段はセントレアなので、成田の時間のかかり具合を考えていなかったのだが、お土産を物色していたら結構ぎりぎりでした。

今回乗るのは就航ホヤホヤのAirbus A380。
c0058102_4391619.jpg

普段乗っているA330の3倍くらいの人が搭乗口に集まっている。本当に全員乗れるのと思いつつ、機内に乗り込む。今回は赴任だからってことでビジネスクラスが用意されていたのだが、二階席が見渡す限りビズネスクラスだからあまりありがたみが無い。

飛行中、だるさを感じたので機内を散歩。出来ればファーストクラスを覗きたかったのだが、フライトアテンダントでも特定の人しか入れないと言われ、あきらめた。まぁ、そうですよね。そういうプライベートな空間に乗客はお金を払っているんですから。

シートやらサービスは普通のルフトハンザなんだけど、ひとつだけ大きく違うところがこの最新鋭の航空機にはある。それはノイズの少なさ。もうね、耳栓をしているかのようなエンジンノイズ。耳栓とアイマスクは常に必要なんだけど、今回はアイマスクだけで良かったくらい。
食事やシートは比較対象をあまり知らないので割愛。

Frankfurtに着いたらしばらくの待ち時間。特に何もすることもなく、ラウンジで時間を過ごしてHannover行きの飛行機へ。
わずか数十分のフライトだけど、お食事が出た。
c0058102_441076.jpg

ハンブルグ特集らしく、白ワインに合いそうなアペタイザーが来たので白を飲む。
無事に最寄りの空港に定刻どおりに着いたにもかかわらず、お迎えが来てなかったりってトラブルもあったけれど、無事にしばらく滞在するホテルに到着。

次は日本のものだと思っていたのに、まさかここで出会うかってものを。
[PR]
by jargoneer | 2010-06-26 04:42 | 出張

Munchen夜景編。
こんにちは、宝の持ち腐れなjargoneerです。

夜景というか夜の町並みが撮りたくて買った大口径レンズ。設定が甘いのか、やはり三脚がいるのか、ピントが甘かったりぶれているけどまぁ気にしない気にしない。

c0058102_16121499.jpg

ここも有名なビールメーカー。

c0058102_1616135.jpg

マリエン広場にある新市庁舎。ドイツ最大のからくり時計だそうよ。

c0058102_16182631.jpg

夜見ると凄く迫力がある。

c0058102_16211713.jpg

ヘンケルスのロゴは何を意味しているんだろうね。

c0058102_1630492.jpg

妖艶な怪しさがプンプン。

c0058102_16303534.jpg

これは酷い。ドイツ人は綺麗好きと聞いていたけど、綺麗にするのは自分の家や庭といった自分のテリトリーだけなのかな?
[PR]
by jargoneer | 2010-06-05 16:32 | 出張

Munchen市内編。
こんにちは、カメラが使いこなせていないjargoneerです。

写真を見返して思うのが、ピントが綺麗に合っていないってのと、若干フレームが斜めになっていること。ピントが合っていないのは、絞りが足りないからなのか、カメラのピント調節機構自体のピントが甘いのか、どちらなんだろう。もう少し撮り慣れないとな。

さて、BMW Forumを覗いたあとはU BahnでMunchen市内に戻る。
c0058102_15292187.jpg

こういうピントが合っていない写真が結構多い。
レンズはSIGMA 30mm 1.4Fで撮影条件は、
オートピクチャー:風景、F:4.5、ISO400、シャッタースピード1/60s、露出補正0.3、shake reduction ON。
オートピクチャーを信じて撮影していたんだけど、F値固定で撮ったほうがいいのかな。

c0058102_15373062.jpg

屋台で売っていたホワイトアスパラ。安いんだか高いんだかわからないなぁ。1kg単位だと。

c0058102_15384476.jpg

Munchenで気になったのが、ゴミ箱の使い方。
すぐ側まで来ているなら、なぜ入れないのか? ゴミ箱の穴がドイツ人にとって小さすぎるのか? ゴミ箱が一杯であふれかえっているわけでもないのに不思議である。ゴミを捨てた時点ではゴミ箱はまんぱんで、清掃の人がゴミ箱を空けたのかもしれないが、だったら清掃の人よ、周りのゴミも処理しようぜ。
以前仕事相手のドイツ人が東京に出張に来たとき、しきりに東京は綺麗だ。ゴミ一つ落ちていない。って何度も感心していた。まぁ六本木のビジネスエリアしか歩いていないからかもしれないけど、今回のこのゴミ箱を見て納得した。

c0058102_15445535.jpg

Got Milk?
ドリンクホルダーに牛乳。しかも1Lのパック。

c0058102_15461448.jpg

気軽にアルプス越えられるよ。わざわざ設置するセンスがわからないわ。

さぁ夜でっせってことでMunchen名物のビールを飲みに行くことに。
定番のHofbrauhausに行ってみるも、激混み。
c0058102_15554368.jpg

入り口はタバコを吸う人がひっきりなしに出入りしており、店員さんも見当たらず。
雰囲気だけでも写真に残しておこうとカメラを向けると皆ノリノリ。
c0058102_15532993.jpg

c0058102_15534132.jpg

チクショー 楽しそうじゃないか!

どこもそこもビアホールは一杯だったので、食事を楽しむお店へ。
c0058102_1558145.jpg

HAXNBAUERという南ドイツ名物のhaxeを出すお店へ。
c0058102_1601363.jpg

ローストチキンの要領で、豚若しくは子牛のすね肉がぐるぐる回ってこんがり焼かれておりますよ。
美味しそうではありませんか!
c0058102_1614736.jpg

骨付きすね肉のハーフカットを注文。まぁ美味しいんだけど途中で飽きちゃうね。ちなみにここで飲んだピルスナーは口に合わなかったので割愛。
口直しに他の店でLOWENBRAUのビールを飲む。
c0058102_1651265.jpg

子供用のグラスかと思ったぜ。

次は夜景編。
[PR]
by jargoneer | 2010-06-05 16:06 | 出張

Munchen郊外編。
こんにちは、そろそろ引っ越しの準備をしなければいけないjargoneerです。

さて前回の続き。
Ingolstadtを朝9時頃出て、MunchenへRE(急行電車)で向かう。
1時間ほどでMunchen中央駅に到着し、ホテルにチェックインしたら早速観光に出かける。
c0058102_1482512.jpg

今日も真冬レベルに寒いし、今にも雨が落ちてきそうな曇り空。
路面電車にてMunchen郊外にあるNymphenburg Paleceへ。
c0058102_14144559.jpg

でけー 超でけー
中世の王様の夏の別荘。庭園が裏にあるのだが、向こう側が見えないくらい広い。
c0058102_14214356.jpg

絢爛豪華な装飾。
c0058102_14235430.jpg

記念に鏡越しに撮影しときましょう。
c0058102_14285217.jpg

"Gallery of Beauties"
王女はもちろん、美しければそのへんの町娘だって肖像画を描かれ、コレクションされてたよう。
さぁ、沢山動いたからビール飲みましょう。
c0058102_14362475.jpg

c0058102_1437573.jpg

お昼はあっさりと、牛肉を軟らかく煮込んだもの。

午後はMunchen Olympia Stadionへ。
東京タワーほどの高さの展望台があったので、早速のぼってみる。展望台の高さは186m。
c0058102_14594337.jpg

BMWの本社ビル及び工場の奥に見える白い建物はAllianz Arena。
天気が良くないと、あまり見晴らしは綺麗じゃないねぇ。
c0058102_15112390.jpg

BMWのForumを覗いてみる。
なんでだろうね。とりあえず展示車に乗り込んで、「なるほどねぇ」みたいにつぶやいてしまうのは。
c0058102_1515156.jpg

なんかお掃除ロボットみたいなのが沢山いたよ。

MunchenはBMWの本拠地だから、そりゃもう沢山BMWが走っているかと思いきや、そうでもないのね。まぁ大都市だからかね。
[PR]
by jargoneer | 2010-06-05 15:18 | 出張

南に向かって小旅行。
こんばんは、羽毛布団をようやく片付けたjargoneerです。
最近暑いのだか寒いのだか分からない天気が続いている。夜も案外肌寒いので冬用の羽毛布団を使っていたのだが、今日薄い羽毛布団に変えてみた。ちょっと薄すぎて心もとない気がするが…

5月13日(木)はキリスト昇天祭とかで祝日。金曜日も連休で会社が休みだったので、出張中に4連休。せっかくの長い休みなので、南ドイツに行ってみた。目的地はインゴルシュタットとミュンヘン。

German Rail Passを使えばお得な値段で電車に乗り放題だったのだが、日本での事前購入か、ドイツの主要な駅でしか取り扱っておらず、普通のチケットで移動することに。前日での購入だから指定席も空いていなかった。

c0058102_22194347.jpg

お昼前にはインゴルシュタットに着きたかったので、出発は6:14の列車。REという特急列車で1時間ほどかけてHannoverに行き、そこからドイツの新幹線であるICEに乗り換える。
c0058102_22223126.jpg

REの列車の窓に張ってあったステッカー。これは何を意味するのだろう。
左は「窓を開けてもいいですよ」ってことだと思う。

では右は?
「窓から瓶を捨ててもいいですよ」???

リサイクルにうるさいイメージがあるドイツなので、捨てても良いってことはないよね。線路脇に捨てた瓶を回収する仕事ってのを作り出すためにポイ捨てが許可されているのかもしれないけど、瓶だと割れて大変だよな。ガラスは環境に負担にならない材質だから放置するのかな? 

これ瓶じゃないのかな?
窓の大きさと比較すると相当多きな物体だね。大き目のスーツケースはあるね。ますます何なのか分からないよ。こういったアイコンって誰でもわかるように物事を記号化したもののはずなのに分からないや。大学で記号と文化みたいな講義を受けたことを思い出しちゃった。

Hannoverでサンドウィッチを買ってICEに乗車。
完全な自由席は空いていなかったので、指定席だけどまだ乗客が乗ってこないところを探す。
各座席の上に○○駅から××駅って表示が出ているので、そこの区間が来たら指定席購入者に明け渡す。とりあえず1時間半ほど座れる席を確保し、サンドウィッチで朝食。
c0058102_22404883.jpg

景色は大体こんな感じ。ようやく菜の花が咲いていたのだが、この連休は冬に逆戻りしたかのように寒かった。最低気温6℃、最高気温10℃みたいな天気で基本曇り&時々雨。

途中座席に座れなくなったので、食堂車に移動。
c0058102_22434336.jpg

運よくテーブルが空いていたので、ビールを飲みながらマッタリ。真ん中の男性が食べているのはスクランブルエッグと丸いパン。その食事風景を帽子のおっさんが凝視してた。男性凄く食べづらそうだったわ。

さて、定刻より10分ほど遅れて最初の目的地Ingolstadtに到着。
なぜにIngolstadtかというと、ここはAudiの本拠地。丁度うちの部署のAudi担当の方が出張で滞在しているので、案内してもらおうと遊びに来たというわけ。
c0058102_22491259.jpg

ランチはイタリアン。まずは地ビール。南ドイツといえばヴァイツェンビール。
食後は街を案内してもらう。
c0058102_225546100.jpg

旧市庁舎と教会。
c0058102_22561744.jpg

教会では結婚式が執り行なわれるのか、デコレーションされていた。
c0058102_2256393.jpg

博物館で、ヨチヨチ歩く子供を発見。良い写真が取れたよ。

バスに乗ってAudi本社のほうへ。表参道にあるAudi Forumの本家へ。
c0058102_2333475.jpg

ちょっと高いし、今買うと持って帰れないから買わなかった。

今日のお宿はAltstadt Hotel。
c0058102_2363977.jpg

チェックインするも部屋は別館だという。玄関で左手に見える赤い建物。
c0058102_2311156.jpg

おいおい、赤というよりピンクじゃないか!
c0058102_23114189.jpg

一気に不安を感じたけれど、一歩踏み入れて安心した。どうやら出来立てほやほやらしい。
c0058102_23132330.jpg

c0058102_23134044.jpg

c0058102_23135555.jpg

狭いけれども清潔感のある綺麗な部屋。まだペンキの臭いがするほど新しい。
c0058102_23201038.jpg

夕食まで休んでいると、イギリス王室のドキュメンタリーをやっていたのだが、チャールズ皇太子がネギを付けて登場!!! ネギって!!! 

夕食前にもう一軒教会を見せていただく。
c0058102_23273877.jpg

良い感じに喉も渇き、お腹も空いたので、お食事タイム。
c0058102_23284936.jpg

今度はヴァイツェンの黒。
c0058102_2329491.jpg

ギリシャ料理。
c0058102_23293519.jpg

ナイトキャップにピルスナー。ホテルの部屋のミニバーのものだけど、2ユーロと安い。普通部屋のを飲むと4ユーロくらいするのに。お手軽だったからつい飲んでしまった。朝も早かったので、9時代には寝ちゃってた。

次回はミュンヘン。
[PR]
by jargoneer | 2010-05-30 23:32 | 出張

ホワイトアスパラガスははずせない。
こんばんは、ようやく時差ボケが治ってきたjargoneerです。

GW明けから出張。タイミングが良いのか悪いのか、丁度ドイツの4連休に重なってしまったので、10日居ることに。

チェックインの際、上級会員の同僚のみオーバーブッキングでアップグレード。12時間ものフライトとなるとビジネスとエコノミーは天と地の差。まぁでも子供のように駄々をこねるわけにはいかないので、ラウンジで腹ごしらえしてからアイマスク・耳栓・水の安眠グッズを用意。席はエコノミーの前方だったので、後ろの席の方の搭乗が終わってからゆっくり乗ろうとしばらく待つ。落ち着いてきたので乗り込もうとすると、搭乗券がはじかれ搭乗前のアップグレード。

ツンデレである。

c0058102_18552860.jpg

"prown"か"prosciutto ham"か"salad"のどれがいい?って聞かれたからエビ選んだのに、カニだった。まぁカニのほうが良かったけど。
c0058102_18594385.jpg

スズキとホタテのベリーソースとかいうやつ。あんまり美味しくなかったなぁ。
食後にチーズとワインをいただきながら映画を見て眠気が襲ってくるのを待つ。
c0058102_190576.jpg

2食目は豚の煮物。角煮かな。サーブしてくれるCAさんが「2食ともベストなチョイスよ」って言ってたけど、確かにこれは美味しかった。

トラブルなくフランクフルトに到着し、ハノーバーに乗り継ぐ。
ホテルにて本日4食目。
c0058102_19112695.jpg

c0058102_1991634.jpg

最初の夜はこのサラダを食べるのが慣習化してきた。お肉の量も丁度いい。

仕事はトラブルなくこなし、夕食の時間。
c0058102_1917374.jpg

c0058102_19175716.jpg

今の時期はホワイトアスパラガスが旬。ランプステーキも旨みがしっかりある。
c0058102_1919358.jpg

デザートにチョコとクルミのアイスを頂き大満足。

なんか食べ物主体になったけど、次回は小旅行編。
[PR]
by jargoneer | 2010-05-30 19:25 | 出張

9月の出張 Part5
こんばんは、案外記憶が薄れていないことに驚きのjargoneerです。

仕事のあとはやっぱりビールでしょ。

c0058102_19192432.jpg

出来立てのビールが飲めるのかぁと思ったら、稼動しておらずどうやら飾りらしい。
以前食べて美味しかったHaxeがメニューにあったので注文した。前回もその大きさに驚いたが、今回のは半端なかった。
c0058102_1921817.jpg

でかすぎ。1kg以上はあるだろう。3分の1ほどしか食べれず、残りはCounter Partnerの犬の朝食となった。


長い長い2週間もようやく終わり、帰国である。今回は仕事の都合上、同行した上司より一足先に帰国することに。Pick up serviceはいつもはバンで来るのだが、今回は一人だけで利用なのでセダンだった。しかも最も高級なヤツ。一気にVIPになった気分。

マイレージカードがアップグレードされたので、一人でもラウンジが使えるようになった。これはありがたい。のんびりビールを飲んで待っていると、知った顔を発見。違う部署の方が偶然にも居合わせたのだ。Fraunkfurtまでは一緒なのだが、東京Officeの方なので、便が違う。

Frankfurtでも時間を持て余し、ラウンジでのんびり。どうやらラウンジから直接機内に乗り込める専用ゲートがあるという。機内への入り口は特別でも、結局エコノミーなんでどうだっていいが…

定刻になり、搭乗手続きが始まったので、専用ゲートへ。チケットを係員に渡すが、バーコードがエラーとなり読み取れない。従来からある改札口のようなシステムのほうへチケットを通すと、代わりに小さな紙片が出てきた。なんとビジネスクラスへの案内。前回のように、ストライキでキャンセルになったわけでもなく、5時間待たされたわけでもないのに、なんとラッキーなことでしょう。

今回は日本発着便なので機内食で和食も選べるし。
待ち焦がれた和食は美味しいね。日本人であることを実感。
c0058102_1936961.jpg

卵焼きに心踊り、イクラに魅了され、白和えに心奪われる。
c0058102_19392832.jpg

メインのテンダーロインステーキは微妙だったけど、お吸い物おいしー
c0058102_19402578.jpg

朝食は最強だった。これを2回食べたかったなぁって思ったくらい。

快適な空の旅で非常に助かった。おかげで翌々日の東京出張も苦にならなかったし。
[PR]
by jargoneer | 2008-11-03 19:43 | 出張

9月の出張 Part4
こんばんは、あと一息のjargoneerです。

面白いくらい自然いっぱいで、キツネやイノシシ、イタチなんかも生息しているようだ。
c0058102_18523917.jpg

もし熊が出たらどうしようと内心びくびくしながら散歩してたのだが、どうやらこのあたりには生息していないらしい。ま、イノシシも十分危険なんで遭遇しなくて良かった。

c0058102_18542086.jpg

食べちゃダメだよ~って危険な香りがぷんぷんするキノコ発見。茸と漢字で書くよりカタカナ表記が相応しい気がするのはなぜだろう。

>マナ a.k.a Ms. Fungi
これ食べれるの?

c0058102_18555614.jpg

c0058102_1903350.jpg

この辺のヤツだったら、ちょっとした飢餓になれば食べちゃうね。

3mほどの高さに奇妙なプレートがあったので、撮ってきた。
c0058102_1914586.jpg

何を意味するものだろうか? ボート可ってことか? 確かに近くに湖のような沼のようなものはあるけど、結構距離はあるし、水面の高さからは遥かに高い。数十m間隔でいくつか見つけたのだが、意味が分からない。

誰かこの標識の意味するものを知ってましたらご一報を。
若しくは面白い理由を思いついた方は大喜利よろしくボケてください。
[PR]
by jargoneer | 2008-11-03 19:07 | 出張

9月の出張 Part3
こんばんは、まだまだ続くjargoneerです。

今回の滞在で使ったホテルは初めてのところだったのだが、いつものところが取れなかったのは、Hannoverで商業車関係のFestがあったから近郊のホテルが全て埋まっていたのだ。しかもオーバーブッキングとかで、途中で移動を余儀なくされた。Counter Partnerの秘書の予約ミスが原因だと思われるが、大人だから言及しない。

日曜日にスーツケースにパッキングして、月曜日の朝、荷物と共に会社に向かう。仕事を終えて、次のホテルに移動。市内のホテル(英語が分かるところ)はどこも満室で、ようやく見つかったホテルは会社から車で30分の片田舎にあるという。

着いた所はちょっとした避暑地のようなところ。いや、十分寒いんでこれ以上涼しいところは御免なんですけど。
c0058102_18323397.jpg

見た感じはモーテル。入り口に4ッ星ホテルの看板があったのだが、どの機関が認定したものなのだろう。古いホテルだが、山荘のような趣で悪くない。Receptionのおばちゃんもなかなか気さくな方であった。宿泊者名簿に氏名等を記載し終えると、最後の署名欄もよろしくって言われた。
書き終えたら「はい、最新型洗濯機の契約書にサインしましたねー」って。いや、俺洗濯機要らないし。持って帰れないし。たぶん日本の洗濯機のほうが進歩してるだろうし。おばちゃんの鉄板ギャグなんだろう。ドイツの片田舎では最先端のギャグに違いない。とりあえずツッコンでおいた。笑いに国境なし。
c0058102_18293990.jpg

部屋は6畳のワンルームアパートのような感じ。真っ青な一人掛けソファがポストモダン!

数百mも歩けばこんな場所。
c0058102_1837598.jpg

軽く遭難できそうだ。
そうならないようにちゃんと道しるべがある。これが本物のMilestone。
c0058102_18382890.jpg

10分ほど獣道に沿って歩いていくと、草原に出た。
c0058102_1840623.jpg

本気で遭難すると格好悪いのでここで引き返す。
[PR]
by jargoneer | 2008-11-03 18:40 | 出張

9月の出張 Part2
こんばんは、いっきに書ききる意気込みのjargoneerです。

こっちは寒さで震えているのに、沢山の人が外でお食事お茶をしてらっしゃる。
c0058102_16593260.jpg

Tシャツ姿の人もいるし。
子供は風の子な小学生ですか!? 体感温度がここまで違うとは。

c0058102_17131554.jpg

なんかよくわからないけど、物凄くモダンな建造物。ゲートのところに立っているのはオーナーではなくて、同じく観光客。

c0058102_1748578.jpg

お子さんたちが物凄く可愛かったのでパチリ。カルガモ親子のよう。
後ろに見えている建物は修復中なのか、シートがかかっていたが、そのシートに建物の絵が書いているのは面白い。

October Festの前哨戦なのか、lowenbrauのビアホールが公園に出来ていたので一杯引っ掛けてみることに。入り口が小さかったので、入ってから驚いた。奥行きが長! 一番奥が見渡せないほど。サッカーのグラウンドくらいのテントに酔っ払いがいっぱい。臨場感を記録に残そうとビデオばっかり撮って写真撮るのを忘れてたほど。ビール自体はあまり美味しくないから1杯だけで切り上げる。

美術館と教会を見て駅へと戻ることとする。建物の名前とか全然覚えていないから写真も割愛。半日ベルリンを満喫しました。
c0058102_17502616.jpg

ICEで戻り、夜は駅で購入しておいた魚のサンドイッチとビールをホテルの部屋に戻って食べた。
c0058102_1752194.jpg

なんという名前だか覚えてないが、こういうのも旨い。
[PR]
by jargoneer | 2008-11-03 17:53 | 出張


なんでもないことから稀に真面目なことまで
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お気に入りブログ
お気に入り
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧