Top


CMの生むネガティブイメージ。
こんばんは。最近CMを見て思うことがいくつかあるjargoneerです。

トヨタのエコ替えしましょってCMがある。関根勤と菊地桃子、青木さやかが出てきて、車替えたんですか?って流れのやつ。最近の車はエコだから替えたんだよって関根さんは言っているけど、エコってどういうこと? Environmental friendlyって意味でのエコ? 確かに新しい技術が導入された車のほうが、燃費もよく、環境負荷となる物質の排出量も抑えられる。しかし、それだけの性能を生み出すものが、チチンプイプイと念じれば空中からボワッと出てくるわけではない。
触媒としてレアメタルを使うことで有害化合物の発散を抑えたり、重量が軽く、強度の強い鉄鋼を用いることで車両重量を減らしたり、様々な工夫の元で“エコ”を実現しようとしている。しかし、自動車という末端商品での環境負荷がエコに見えるだけであって、従前の車よりも製造過程においては負荷が高いかもしれない。ハイブリッドだってエコではないかもね。原料から製品が出来るまでと実際の使用を統合的に考えると、今までの車のほうがエコなのかもしれない。車の乗り換えとなると、今まで乗っていた車が存在するってこと。じゃあ、その古い車はどうなるの? もちろんリサイクルされるんだけど、これまたチチンプイプイで原材料に戻るわけでもなく、膨大なエネルギーがかかる。中古車としてアジア諸国やロシアなんかへ売るというルートもあるが、これは車の寿命が実質伸びることになるので良いことなのか。
このCM、非常に不思議でトヨタの車なのに、肝心の車があまり表立って出てこない。画面には収まっているけど、エンブレムとか車種名、その他車種を判別するための情報が意図的に隠されている気がする。CM作成段階にネガティブイメージ(まさに俺のような)を考慮して、わざと特定の車種を登場させないのだろうか。さらに言えば、関根さんがエコ替えしたという車が、トヨタのエコの象徴とも言うべきプリウスでないのも、こういった非難が売れ筋モデルに影響しないようにとの配慮か。
非常に個人的なことだが、このCMを見て、関根さんが嫌いになった。どうしてこんな趣旨のCMに出演するのだろうと不思議に思ったのだ。なんでてめえにそんなこと言われなきゃならんのだって、関根さんからしてみたらそう思うだろうが、タレントの宿命だと思ってください。やっぱり、友人関係や仕事仲間とは違い、趣味趣向の一致不一致で好き嫌いを判別される以上、どんなタレントにもアンチはつきものなのかもしれない。

引き続きトヨタでレスラー夫妻が、「トヨタ三年分ください」ってCMがある。内閣総理大臣の言葉の揚げ足とりが流行しているようなので、俺も言っておこう。
シュミレーションじゃなくて、シミュレーション (Simulation) だよ。同じ間違いをしているCMが消費者金融かなんかであった気がするが、どれだか憶えていないからこのCMを槍玉に。レスラー夫妻は以前から好きではなかったので、このCMを機に印象が変わったとか特にない。さらに悪化したといえばそうなるか。気の弱い医者を旦那に持つのも似たような女性レスラーだったが、顔が思い出せない。

お次はゆうちょ銀行。「他の金融機関へゆうちょ銀行からお振込みが出来るようになりました。」とCMしているが、今まで出来なかったの?? これには驚いた。あたかも私たち時代の最先端みたいなCMを流しているが、今まで対応していなかったこと自体非常に恥ずかしいことに思える。民営化やら金融法やらの兼ね合いで、振込み可能な金融機関となるまでに申請があり、時間を要したのだろうか? だったら、事前に対応して、ゆうちょ銀行スタートと共に振込み可能となっとけって感じ。

他にもどんどん出てきそうだが、ここまでで。
[PR]
by jargoneer | 2008-12-09 22:54 | たわごと
<< ロシアンルーレットの確率と裁判... よく切れる。 >>


なんでもないことから稀に真面目なことまで
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
お気に入り
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧